サジージュースのサジーワン
 

サジーコラム

Column

健康に美容にサジーオイル

サジー 2024.02.01

フルーツの中で鉄分含有量ナンバーワンを誇るサジー。
実はそのサジーから摂れるサジーオイルにも栄養がたっぷりなんです!
サジーオイルには、果実から採取される「果実オイル」と種から採取される「種子オイル」があります。
どちらのオイルにも、私たちの美容や健康に大切な油脂栄養素が含まれています。
そこで今回は、サジーオイルについて詳しくご紹介します★

スタッフコメント
スタッフイラスト

サジーくん

サジーオイルは魅力がたっぷり★

油は必要不可欠なエネルギー源

私たちは日々、食事により油を摂って生活していますが、油のイメージはあまりいいものでは無いかもしれません。
「高カロリーでダイエットの敵」など言われ、美容や健康を気遣う人には油は敬遠されがち。
しかしその一方で、「魚の脂はカラダに良い」とも言われ、サプリメントなども発売されています。
油はエネルギー源となる炭水化物やたんぱく質とあわせて「エネルギーを作り出す栄養素」といわれています。
油にもいろいろな種類があり、現代の食生活では摂りすぎに注意しなければならないものもあれば、
私たちの生活に必要不可欠で、体内で生成できない必須脂肪酸という栄養素が含まれているものもあります。
サジー種子と果実、両オイルには必須脂肪酸のα-リノレン酸が多く含まれています。

希少価値のあるサジー種子オイル

小豆ほどの小さなサジー果実。
その真ん中にあるさらに小さな種子に含まれる種子オイルは、 サジーの実900万個(約1トン)からたった3キログラムしかとることのできない貴重なものです。
植物が繁殖するためには種子がとばされ、発芽しなければいけません。
植物は新芽を出すのに多くのエネルギーが必要なので種子には油脂栄養素が貯蓄されています。
サジーの「種子オイル」には必須脂肪酸のオメガ3・オメガ6脂肪酸と呼ばれる栄養素が豊富に、バランスよく含まれています
日本ではまだあまり馴染みはありませんが、海外では多くのスキンケアや基礎化粧品の原料として利用されています。
生産できる量が限られているためとても貴重で高価なオイルです。

スキンケアにもサジー果実オイル

サジーの果実オイルには、種子オイルと同じく必須脂肪酸のミオメガ3・オメガ6脂肪酸以外にオメガ9とパルミトレイン酸が多く含まれています。
果実オイルの3分の1を占めるパルミトレイン酸はマカダミアナッツなどにも含まれる話題の栄養素で、肌に栄養を与え保護する役割があるとさえています。
それをサポートするトコフェロールやカロテノイドも豊富に含まれることから「飲む美容液」と称されることがあります。
冒頭でも述べたように、油に対して良いイメージが抱かれないこともありますが、油にも良いものと悪いものがあるという認識をもつことが大切です。
そして、サジー果実オイルやサジー種子オイルなどのように必須脂肪酸が含まれた良い油を積極的に摂ることで、美容にも嬉しく、より健康な毎日を送ることができるでしょう。

参照:高橋書店「からだにおいしいあたらしい栄養学」 新星出版社「栄養成分の辞典」